もっともっと!議会改革

山梨 県議会改革その2

山梨 県議会議員 白壁賢一の考え!

県議会・執行部共同責任論

県議会と執行部の役割は執行部が施策予算・条例等を議会に上程しそれを県議会は議決する、これが大まかな役割です、しかしその県議会としての役割「議決」について県議会にどれだけの責任が発生しているでしょう、そしてまた議会人にどれだけの自覚があるでしょう。執行者には判例でも明らかなように「直接損失」を与えた場合「賠償責任」も課せられます、しかし議会人および県議会には社会的責任はあるにしても直接的な責任論までは至りません、確かに常勤と非常勤、執行権と議決権ですので現行では仕方ないとしても、これから三位一体改革、地方の時代、責任は重大となり単独での議決要件及び権限も増えてくることは明白です、なのに今のような議論から議決でよいのでしょうか?やはり責任を追及されてもそれに応えられるだけの知識と真剣さが必要ですし、それは説明者側(提案側)とて同じことが言えます、しっかりとした情報開示の下会派の重鎮にだけ説明をていねいにして「質問に蓋をする」するようなことのないよう、真剣な議論ができる議会システムを構築していかなければならないと私は考えます。

http://www.shirakabekenichi.jp山梨 県議会議員 白壁賢一(しらかべけんいち)の公式サイト

http://www.shirakabekenichi.jp/regi/山梨 県議会議員 白壁賢一を支援する白友会入会申し込みはこちら

山梨 県議会改革その1

山梨 県議会議員 白壁賢一の考え!

県議会改革

前例踏襲主義をやめる!!

時計は右回りであることに人は何の疑問も持ちません、これは社会に定着しているからでしょうしかし、合理的にさらに言うと現在に合ったものが左回りのほうがベストだとすると左に変えなければならないでしょう、数人の県議会議員が「都合がいい」でそのまま変えなければならないことを野放しにしているのが現状の山梨 県議会、ここに改革の新風を吹き込みます。

しかし、前例には良い慣例もあります、全て何でもかんでも見直しではなく、私たちが言いたいのは「悪しき慣例の踏襲」には勇気をもって反対するということです。

http://www.shirakabekenichi.jp山梨 県議会議員 白壁賢一(しらかべけんいち)の公式サイト

http://www.shirakabekenichi.jp/regi/山梨 県議会議員 白壁賢一を支援する白友会入会申し込みはこちら

夢なくして県民の幸せなし

山梨 県議会議員 白壁賢一の考え!

夢なくして政策なし!

政策なくして実行なし!

実行なくして改革なし!

改革なくして県民の幸せなし!

定住人口・流動人口増加策の推進

道志を含む富士北麓を日本一の観光地に

真の男女共生社会として、女性の声が届く県政の実現

災害に強い地域づくり促進

選択と集中による地域災害及び生活道路基盤整備の促進

少人数指導・複数担任制と特色ある学校づくりの促進

教職員の人材確保と地位の維持向上の促進

高齢者・障害者福祉の充実促進

産科医の確保と24時間緊急小児医療の早期実現

医師・看護師不足解消の早期実現

自然環境の維持と循環型社会整備の促進

少子化対策促進と拡充

地域経済及びベンチャー企業の育成推進

世界文化・自然遺産登録の条件付早期実現

富士山防災と地震対策の促進

地域特性を生かした生活・観光基盤整備の促進

安全な住民生活維持に重点を充てた警察官の増員

聖域のない市場化テストの導入で民間との競争

行政評価システムの充実で財政と政策の健全保持

段階的一般競争入札の導入

道州制実施に伴う課題と対策

悪しき慣例、特権打破を含めた議会改革

http://www.shirakabekenichi.jp山梨 県議会議員 白壁賢一(しらかべけんいち)の公式サイト

http://www.shirakabekenichi.jp/regi/山梨 県議会議員 白壁賢一を支援する白友会入会申し込みはこちら

しらかべけんいち(白壁賢一)後援会「白友会」のご案内

ぜひ、ご意見をお聞かせ下さい

みなさん、こんにちは! 山梨県議会議員の白壁賢一(しらかべけんいち)です。当サイトでは、県議会議員・白壁賢一の活動情報や、わたし自身の生の声、また保守系会派「県民クラブ」の紹介などを通して、少しでもお役に立てるようお伝えしていきます。
YouTube版白壁ニュース 議会での模様や気になった日常のヒトコマを記録します。
山梨県政Q&A
あなたのご意見を山梨県議会へ! 政策ボランティア大募集!

もっと知りたくなったらぜひ後援会へ

白壁賢一後援会「白友会」のご案内です
白壁賢一(しらかべ けんいち)後援会「白友会」のご紹介です。わたしと一緒に山梨のもっともっと!を実現しませんか?

サイト内の最近の記事

最近のトラックバック