3.白壁コラム

柳生家の家訓

柳生家家訓
小才は縁に出会って、縁に気付かず。
中才は縁に気付いて、縁を生かさず。
大才は、袖すり会うた縁をも生かす。
経営コンサル当時よくこのフレーズを使いました、縁を情報に置き換えてクライアントに説いたものです。...
しかし、この戒めは企業のみではなく行政にも生かせる言葉ですし縁を大事にする我々政治家にとっても大事な教えです。

高校の主席(成績優秀者)がなぜ世界をリードする人材とならないわけ。

あるアメリカ人が面白いデーターをまとめた本を読む機会を得た、それはイリノイ州の高校を首席で卒業した者81人の追跡調査である。
彼らの95%が大学に進学し学部での成績平均はPGA3.6で60%が大学院の学位を取得、その90%が専門的キャリアを積み、40%が弁護士・医師・エンジニアなどの社会的地位の高い専門職に就いた。
しかし彼らの中に世界を変革したり、動かしたり、あるいは世界の人々に感銘を与えるような者は一人としていなかった。
優等生たちは先見の明をもってシステムを変革するというよりもむしろシステム内に収まるタイプで一般社会のホームランヒッターとは相反するという。
では、高校でのNO1がめったに実社会でナンバーワンにならないのはなぜか?...
一つは学校とは言われたことをきちんとする能力に報いる場所で学力と知的能力の相関関係は必ずしも高くない。学校での成績はむしろ自己規律・真面目さ・従順さを示すのに最適な指標である。また、良い成績を取るには深く理解することより、教師が求める答えを出すことのみを追い求める。
二つ目は全ての科目で良い点を取るゼネラリストに報いる学校のカリキュラムにあるという、学生の情熱や専門的知識はあまり評価しない、ところが実社会ではその逆である。
また、大学での成績とその後の人生での成功は関係なくアメリカの大富豪700人以上の大学時代のGPAはなんと中の上2.9であった。

※アメリカの教育は世界を席巻する企業家を輩出する仕組みが出来ている、だから文科省もグローバルの雄を見習って大学入試制度を大変革したとばかり思っていたが私の認識は甘かった、これから発想力豊かに世界に通用する日本人を創り上げるためには、根本的な教育の在り方、考え方を変えなければならない。と言ってもアメリカでさえ悩んでいるのだから日本のようなもともとの考え方の違う教育理念では100年たっても難しいかも知れない。
日本教育界は学力状況調査で各都道府県にそして各校に競争させているがそれが正しいことか?子供の中には国語は嫌いだが数学は好きだという学生もいる、体育は嫌いだが音楽は好きで得意だという子供もいる、決して基礎学力を蔑ろにしろとは言わないが金太郎あめの教育、平均点だけの教育でグローバルな社会に対抗できるのか甚だ疑問である。

移民法改正により外国人が増え続ける日本。

今朝の日経新聞に外国人純流入最多14.7万人なる記事が掲載された、要約から。

総務省は13日、2017年10月1日時点の推計では外国人を含む人口は16年と比べて22万7千人少ない1億2670万6千人7年連続で減少。

外国人の過去一年間の入国者数から出国者数を引いた純流入は過去最多の14万7千万人であり人口の減少を外国人の増加が緩和する構図が鮮明となった。

とのことでですが実際には数年前からこの現象は顕著でありこうでもしないと日本の仕組みが維持できないという辛いところがある。

政府はいわゆる移民法の改正をここのところ2回行い、特に近年は高度人材の配偶者や使用人の国内流入を可とし3年後には永住権を行使できる過去にない改正を行った。更に皆様ご案内の介護関連、お手伝いさん等にもすそ野を広げる。

確かに政府の言う1億人口確保のためには外国人の移民政策も解らないでもないが、まだまだ受け皿が整備されていない現在、拙速に移民を受け入れることはいかがなものかと考える。

しかしマスコミはあまりこのことは取り上げない、なぜなのか?真意を疑う。

これから団塊の世代や団塊ジュニアが高齢化を迎え、その後死期を迎える、そのあとの人口動態分布は正常な三角形の分布となる。

これから30年後の日本社会は混血が増え治安が悪くなり今を生きる我々は「ネイティブofジャパン」などと言われるようになるのか心配である。

御坂トンネルについて

4月13日のサンニチ新聞に御坂新トンネルの記事が掲載された、何人からの支持者から今からトンネルの調査をするのか?だいぶ前に話を聞いたが当時の話は嘘なのか?・・・全く迷惑千万です。

今朝のサンニチは本当のところネットワークの調査でありトンネルだけの調査ではありませ、もともと御坂トンネルは40数年たちコンクリートが劣化していること、また地下水が多い山岳トンネルのため止水が出来ず苦慮していたトンネルでした。そこにリニア構想が持ち上がり県内各地から30分以内で甲府中心まで行ける道路交通網を整備するという基本計画によって新々御坂トンネル構想が浮上してきました。しかしながら多額の工事費を要するため現状の2.8キロメーターを少し延ばした案や20キロのトンネルを河口湖南岸から河口湖の下を通りて甲府に抜ける案など様々なものがありましたが10年ほど前の調査によって全長4.5キロが妥当ではないかと言う意見に収斂され現在に至っています、ただし県内の道路整備、特に新設工事は優先順位があり今朝の新聞記事のように今すぐにでも工事を行うような書きっぷりは県民に誤解を招きますし謹んでいただきたいと思いますし、県議会議員も私がやります・やりましたのような言い回しはよしていただきたいと思います、139号の改良は私の地元ですし一日も早い改修を望みますが、それによって東富士五湖のスマートインターや下吉田スマートインターから一市二村の抜ける道路整備、更には富士河口湖町大嵐から長浜までの改修等々に影響を及ぼしては本末転倒です、道路整備は限られた予算の中で計画的に行われています、皆様のご理解をお願いします。

ただし、国の事情、例えば消費税のアップによって景気が著しく減退し景気刺激策のために財政出動による交付金や極めて有利な補助金で等で、特に件のような案件に予算が付いた場合優先順番が変わることはありますが、現状では難しいでしょう。と言っても政治や経済は生き物です、いつどのような状況になっても対処できるよう万全な準備をとるよう県当局に指示しておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山梨県馬術競技場厩舎及びホースマネージャー棟竣工式。

3月29日今日は県馬術競技場厩舎竣工式 に出席しました、もともと58年国体時に建設された競技施設の老朽化にともない国際基準に適合する施設に改築、ようやく3年がかりの工事が完成し本日竣工式を迎えることが出来ました、「馬の町」を標榜する北杜市小淵沢町として山梨馬術関係機関として待ちに待った完成です。今後日本ジュニアや日韓親善馬術競技会など多くの大会がこの施設で開催される予定です。

IMG_3320
IMG_3320
IMG_3320
IMG_3320
IMG_3320
IMG_3320
IMG_3320
IMG_3320
IMG_3320

西関東自動道路完成。

山梨県内甲府市と峡東地域を結ぶ西関東連絡道路で未開通であった1.6キロ区間が完成し多くの関係者が通り初めを行った。先だち隣接する体育館で完成報告会が行われ議会を代表して挨拶させていただきました。

知事、県選出国会議員、国交省に続いての六番目の挨拶、ここまでくるとさすがに言うことがない。仕方なく目線、切り口を変えて挨拶させていただきました。

私の経験から完成にこぎつけるには行政の努力や地域の皆様のご協力もさることながら、なんと言っても地権者、地主の皆様のご理解があってのたまもの、先祖代々守り抜いてきた汗と涙の結晶を社会的貢献だと自身に言い聞かせ清水の舞台から飛び降りるつもりで泣く泣く大事な土地を売り渡す、買収する側は道路用の土地であるがため五千万円控除が受けれるのだから地権者としても有利、だから我々に感謝するべきだといった態度で地権者に接し説明する。

今日の挨拶も皆さんが「完成の暁は経済効果として・・・」とか「甲府から山梨市まで何分短縮できた」とか「埼玉県との交流が、観光振興が・・・」類の挨拶ばかり、ご自身が地権者になったことがないためだろう、もしご自身が大事な土地を手放した経験があれば何をおいてもまず初めに地権者の皆様に感謝するはず。

そして、新設道路設置・改修の効果は様々あり地域の渋滞解消や観光振興、生活の利便性向上等々数え上げてもキリがないくらいである、しかしそれは、今和昔、の話であって東日本大震災以降道路は支援物資などを輸送する「命の道」として県民からも認知されつつある更に近年の大雪時の教訓もある、私の挨拶はこういった見方からの挨拶となりなりました、それもこれも知事や首長さん、国会議員の皆様と言うこと、言えることが違うのが県会議員、地域に密着して声なき声を権能をいかして県政に反映する、これこそが県議会の本来の姿、あるべき姿であると考えます。

※テープカットは雪の中で行われ思い出に残る催しとなりました、寒い中皆さんご苦労様でした。

IMG_2868
IMG_2868
IMG_2868
IMG_2868
IMG_2868

富士河口湖町立船津小学校の卒業式に参列しました。

3月16日今日は私の母校富士河口湖町立船津小学校の卒業式に参列しました、この小学校は私の母校、今から五十数年前この学校の門をくぐりこの学び舎で勉強にスポーツに勤しんでいたことを思い出します。毎年お呼びいただいている母校の卒業式ですが今年はいつもに増して厳かで規律正しい卒業式でした。会場に入る前武藤校長からの今年のテーマ「命」について詳細な説明がありその後会場に入りいよいよ卒業式がスタート、子供たちの一糸乱れぬ行動はいつもの船津の伝統ですが「別れの言葉」が今年は違い「命の大切さ」を題目とした別れの言葉でした、このテーマも子供たちが発案したとのこと、きっかけは今年船津小の生徒が交通事故で亡くなったことからきているそうです、子供たちも優秀ですがそこに導く教師が素晴らしい、最近は教師ではなく教員が多くなっている気がします、師と員とでは天と地ほどの差があります、教職にある方々は「仰げば尊し」をもう一度思いだしてください、そして世間から尊ばれる教師になってください。

※今年も三番まで歌詞を見ずに校歌を大きな声で歌わせていただきました、卒業生の前途に幸多からんことをお祈り申し上げます。

IMG_2660
IMG_2660
IMG_2660
IMG_2660

山梨県立大学学位授与式に参列してきました。

平成30年3月15日今日は山梨県立大学学位授与式出席のためコラニー文化ホールへ行ってきました。

今年の卒業生は大学生276人院生3人の合計279名が学び舎から巣立ちました、大学院生が3人???前伊藤学長の肝いりで設置されたはずですが現状では問題ありです、当時も院設置には賛否がありましたが前伊藤学長の熱意と剛腕と先見性?によって押し切り現在に至っています、このままでよいのかと今日改めて感じました。

山梨県立大学には多くの県費が投入されている唯一の県立大学です、その他農業大学校や産業短期大学がありますがこれらは専門学校で大学ではありません。県立大学をいかにして県政発展のために役立てるか、それがこの学校の存在意に繋がります。

教授陣の内部抗争等々あまりいい噂を聞かない大学ですが、この大学の存亡をかけて大鉈を振るう時期が来ているのかもしれません、清水学長のリーダーシップと後藤知事の英断に期待します。

※首都大学東京は東京都立大学・東京都立科学技術大学・東京都立保健科学大学・東京都立短期大学を統合してできた大学、当時の石原知事が「まったく新しい大学をつくる」と言って英断を下した大学、今は左翼系の教授も去りレベルの高い大学となり東京都のみならず日本国のためになる素晴らしい大学へと変貌しました。 IMG_2640
IMG_2640
IMG_2640

 

 

 

東京オリンピックフランス自転車連盟視察団歓迎レセプション

3月13日山中湖ホテルマウント富士において山中湖村主催による東京オリンピックフランス自転車連盟視察団歓迎レセプションが行われました。高村村長の歓迎の言葉にに続き堀内のり子代議士が流暢なフランス語で挨拶さすがです、私の番になり通訳が訳せるかどうか「権中納言匡房」の和歌を・・・訳せるわけがありません、そんなことでBienvenue ou japonから英語のとなって日本語で締めました、多分フランスの方々には理解されていないと思いますが・・・I hope you enjoy the rest of your trip to Japanくらいは理解いただけたと思います、Thank you。

IMG_2585
IMG_2585
IMG_2585
IMG_2585
IMG_2585
IMG_2585

忍野村立忍野中学校の卒業式に参列しました。

3月13日、平成29年度第71回忍野村立忍野中学校卒業証書授与式に参列させていただきました。涙涙の卒業式に毎年毎年忍野中学校はご丁寧にご案内いただくのですが私が卒業した組合立河口湖南中学校はお呼びいただくことがなく極めて残念です、顧みますとこの地域は当時の県議会議員が骨肉の争いを繰り返しその影響が町関係の催しの招待者に影響しているものと考えます、その点忍野村は素晴らし公平中立です、我々議会議員は挨拶があるなしに関係なくこう言ったことも仕事ですので湖南中学校もお呼びいただきたいものです、ちなみに校舎竣工式にはお呼びいただきました、あしからず。

IMG_2544
IMG_2544
IMG_2544
IMG_2544

しらかべけんいち(白壁賢一)後援会「白友会」のご案内

ぜひ、ご意見をお聞かせ下さい

みなさん、こんにちは! 山梨県議会議員の白壁賢一(しらかべけんいち)です。当サイトでは、県議会議員・白壁賢一の活動情報や、わたし自身の生の声、また保守系会派「県民クラブ」の紹介などを通して、少しでもお役に立てるようお伝えしていきます。
YouTube版白壁ニュース 議会での模様や気になった日常のヒトコマを記録します。
山梨県政Q&A
あなたのご意見を山梨県議会へ! 政策ボランティア大募集!

もっと知りたくなったらぜひ後援会へ

白壁賢一後援会「白友会」のご案内です
白壁賢一(しらかべ けんいち)後援会「白友会」のご紹介です。わたしと一緒に山梨のもっともっと!を実現しませんか?

サイト内の最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック