3.白壁コラム

東京挨拶まわり

IMG_0231

平成30年1月16日今日は上京して県選出国会議員と山梨県人会の皆様の挨拶まわりでした。アポイントメントなしでの訪問でしたがたまたま森屋参議院議員がおられたので30分ほど情報交換をさせていただきました。他の国会議員の先生方は帰郷中で不在でした、なかな一度に済ませようとするのには無理がありますね!!

 

https://www.facebook.com/しらかべ賢一を支援する白友会-1570641929851139/

山梨女性団体協議会新春の集い。

IMG_0237
IMG_0237

2018年1月17日今日は甲府富士屋ホテルにて山梨県女性団体協議会新春の集いが開催されました、県内から女性議員さん方が大勢お集まりの中で楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

男女共同参画は男性と女性の立場を尊重しつつ特に女性の社会参加促すことが極めて重要です、今日は地域の女性リーダーがお集まりでしたが地域地域の中で特性を生かしての活躍を期待します。

 

https://www.facebook.com/しらかべ賢一を支援する白友会-1570641929851139/

第73回国民体育大会冬季大会壮行会が開催されました。

IMG_0217
IMG_0217
IMG_0217
IMG_0217

只今ご紹介をいただきました県議会議長の白壁でございます。

「餅花の一つ一つの柔かさ」山中湖村に縁の深い富安風生の句であります。

餅花咲く小正月の本日『第73回国民体育大会 冬季大会スケート・アイスホッケー競技会山梨県選手団の結団壮行式』 

にあたり、県議会を代表いたしまして一言 激励の挨拶を申し上げます。

 今大会に派遣されます選手・役員・指導者の皆様、出場おめでとうございます。

 選手各位には、県予選、地区予選を勝ち抜き、栄えある県の代表として今大会に出場されます。

これまでのご精進(しょうじん)に対し、敬意を表する次第であります。

 選手、指導者各位には、健康には十分留意され、万全の体調で競技に臨んでいただき、持てる力を存分に発揮されますよう、ご期待申し上げます。

また、ご案内のように本年は第73回国民体育大会冬季大会スケート競技会「富士の国やまなし国体」が、全国から選手並びに役員の皆様をお迎えして、本県において開催されますことは、県民に取りまして誠に光栄であり、喜ばしいところであります。こうした機会に、県外の選手や地元の皆様との交流を深められ、“おもてなしやまなし”

を実践頂き、郷土山梨も大いにPRしていただきながら、思い出に残る素晴らしい大会になりますことを祈念いたします。

さて、いつの時代も、スポーツに対するひたむきな努力とはつらつとしたプレーは、私たちに多くの勇気と感動を与えてくれるものであります。余談とはなりますが、私も小中学校時代地元河口湖で夏は野球部を冬はスケート部と言う地域特有の少時代を過ごし朝暗いうちから今はなき富士スバルランドにおいてマイナス15度を超えるような極寒の朝の練習をそれもタイツとセーターのみで足が痛くて感覚がなくなったことを今でも覚えております。そういった意味からも皆さんがどれほど努力・精進されているかは容易に想像がつく訳ですが、その努力が今大会で結実し素晴らしい結果が出ることを期待します。

結びに、大会期間中は、県民挙げて皆様のご活躍を祈り、吹きすさぶ寒風にも負けないように、精一杯の声援を送らせていただきます。皆様のご健闘をお祈りし、激励のことばとさせていただきます。

 

https://www.facebook.com/しらかべ賢一を支援する白友会-1570641929851139/

南都留郡婦人会連合会の新年互礼会に出席しました。

IMG_0202
IMG_0202
IMG_0202

平成30年1月15日今日は南都留郡連合婦人会新春の集いに出席しました。

毎年のご招待ですが今年も積極的に参加させていただきました。

ここ数年栄華を誇った南都留連合婦人会も衰退の一途をたどり、今では忍野村と山中湖村の婦人会しか入会していない状況ですが会員の姿は溌溂としてこれからやるぞ!!と言った意気込みが感じられ大変有意義な時を感ずることが出来ました。

 

新年明けましておめでとうございます。

Shirakabe_gicho_h2912

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます。

“初空に手にとる富士の笑ひ哉”加賀千代女の句であります、県民の皆様それぞれにおいて輝かしいお迎えになられたことご同慶に存じます。

2017年を顧みますと、景気は昭和四十年代の「いざなぎ景気」を抜き、戦後二番目の好景気と言われておりますが、県内においては、景気回復の実感は乏しいという声が多く聞こえます。

また、国外へ目を向けますと、米国ではドナルド・トランプ大統領の誕生、北朝鮮のミサイル、核問題、世界中で繰り広げられる地域間扮装等、いずれも、私が常日頃、思いを馳せている、人と人とが“和”を大切にすることや“親和性”とは、ほど遠い状況が繰り広げられております。

さて、今年の干支の戊戌(つちのえいぬ)についてであります。

戊(つちのえ)は「茂が語源で、草木が繁盛して盛大になること」。 戌(いぬ)は「切るという意味で、草木が枯死すること」を意味するとのことであります。

枯れるという側面と、生い茂るという側面があるということがわかります。

「戊」と「戌」という字、線が一本多いか少ないかの違いであり、安岡正篤さんという陽明学者によれば、この2つの字はどちらも「茂」がもとになっているとのことであります。樹木が茂ると日光が当たらないと、いずれ植物が枯れてしまう訳であり、ある時期には、しっかりと枝や葉を切らなければいけないと言うこととなります。

成長している植物の枝を切るというのは、ちょっと不安があります。

元気なのに剪定を致しますと、もしかしたら、枯れてしまうかもしれないという不安が出る訳でありますが、そういったことを行わなくては木々の繁栄は無い訳であります。

私は、今回の議長選挙にあたり、歴代の県議会議長や諸先輩方が、何世代に亘り、積み上げてきた本県議会の歴史と伝統を重んじながら、時代に即し、発展進化させ、刻苦精励、議会改革に取り組んで参りたいと申し上げ、県議会ペーパーレス化の推進を始めとした多くの公約、議会改革案を提示させて頂きました。

私は、本年は、議会改革という名の元に、より一層の発展を目指し、今まさに、県政という大きな大木の一部の枝をしっかりと切るタイミングであると考えております。

これら改革にあたっては、相当な労力を生じるでありましょうが、これも、議会改革は、議会だけのものではなく、二元代表制、そして車の両輪のごとくで県政の更なる発展に、つながるものと信じ一意専心努力してまいります。

皆様におかれましてもなお一層のご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

結びに、2018年が、県民すべからく夢と希望に満ちた素晴らしい年となることをご祈念申し上げまして、新年のあいさつといたします。  

                                                                      平成三十年一月一日 

                                                                                                                                                                                                                               山梨県議会議長 白壁賢一

 

山日YBS厚生文化事業団様から貴重な浄財をご寄付いただきました。

IMG_8115 IMG_8115

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月26日議長室において山日YBS厚生文化事業団様から県共同募金会と県緑化推進機構に貴重な浄財をご寄付いただきました。

株価は大幅に上がり景気は着実に上昇しているところですが、まだまだ我々県民にはその恩恵が感じられません。こうした中にもかかわらず事業団を上げて広く善意の寄付金を募り今年も共同募金会に100万円、緑化推進機構に20万円もの大金を頂戴しました。我々もこの貴重な浄財を有意義に活用させていただきたいと考えます。

いつもながら野口英一理事長様には心より感謝申し上げます。

そしてまた善意の寄付者の皆様にも深く感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

東桂中学校の生徒と引率していただいている教員に感謝。

 

 

IMG_8093 IMG_8093 IMG_8093 IMG_8093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は都留市夏狩において桂川・相模川流域協議会の皆様と河川清掃でした、特に東桂中学校の生徒の皆さんが40名近くボランティアで参加いただきました、引率の先生曰く「中学校の環境意識の強い生徒たちが率先して参加している」とのことでた。

素晴らしい学校です、素晴らしい生徒たちです、いつまでもこういった気持ちを忘れずに成長してほしいと思います、引率していただいている先生に感謝。

 

 

 

年惜しむ年末に思うこと

年惜しむ年末となった、師走で毎年思うことは「1年は実に早い」特にその年が充実していると特に1年が早く感じる。

タルムードに「今日があなたの最後の日だと思え・今日があなたの最初の日だと思え」とある。

人間は1日1日を生きている、1分1秒を生きている、そこで1日1日が全人生であり、1秒1秒が全人生である。

今日が最後の日だと思ったら、人間はその日をもっと充実した実り豊かな1日となるよう努めるだろう。

そして、最初の日である思ったら力満ちて新鮮な1日を送ろうとするだろう。

人間が生きているのは今の一瞬でしかない、一瞬一瞬でしかない。

年惜しむ師走、今年もあとわずかで終わるが、このわずかな日々をいかに充実して生きるかで来年新たな年へとつながる、今日が最後の日のつもりで満足できる日を過ごしたい。

 

一人の議長で4年やらなければたらい回し??

たらい回しとは何だろう?地方自治法で議長の任期は議員の任期と定めているため最長4年以下の任期が議長に与えられる。

全国には4年の任期を全うする議会もあるだろうが、それも稀有である。

記者の皆さんやイデオロギーの違う政党の方やご自身に欲のある方が指摘するように例えば4年の任期を全うして巧言令色よろしくただただ何もせずに若しくは改革とは名ばかりのことをほんの少し触るだけで終わる議長と鈴木前議長や望月議長のように言いにくいことを、そして難しいことを解決して9ヶ月や6ヶ月で終わる議長とどちらの方が県民にためになるのだろう。

議会には独特な人事の力学がある、なんていう人があるが決してそんなことはない、短期間であっても意欲のある方、適性のある方が議長になり改革し、進化発展させることは極めて重要である。

『老子』に、「功遂げ身退くは、天の道なり』とある、まさにその通りと考える、本人は全力疾走し立候補表明で約束したことを実現し後進に道を譲る、そしてその譲られたものが絞れる限りの知恵を絞りかける限りの汗をかいて、また違う視点で改革を断行する、これが何で指摘されるのか、私には理解できない、まして予算でもかかっていて税金を垂れ流すようなことでもない.件のことを声高に論じる方々は県民の皆様に迷惑をかけているとでも言いたいのか?

県民に迷惑をかけているとでもいうのか?

400メーターリレーと言う競技がある、あるチームは一人で400Mをどっちでもよい選手が走る、次のチームは200M ずつを400Mより少しマシだが自分で売り込んできた選手2人で走る、もう1チームは100Mずつ、それもメダリストが走る、さてあなたならどのチームが優勝すると考えますか?

そして100Mの選手は越後長岡藩の家老、河井継之の言葉にあるよう「進む時は人にまかせ、退く時は自ら決せよ』で引退する、短期間で集中的に頑張るから疲れも多い。

するとまた後進が「かくすればかくなることと知りながらやむにやまれぬ大和魂」(吉田松陰)と言って素晴らしい選手が出てくる、こんな良い循環は、陸上競技だけでなく政治にも言えるのではないだろうか、国政においても地方においてもダメな人が長くやっているものは栄えない、あなたはまだ新聞を支持しますか?

お金と予算に関する私の哲理

先日ある県議会議員とこんな話をした。

彼曰く「昔のJCの仲間で金遣いの荒かったものは殆どが倒産し地元にいないか極めて貧困な生活を送っている」と、その話を聞いて私が思ったのは金の使い方とタイミング、身の丈を知らないからだ、私の哲理は「金は使うためにある」であり、そう悟っている。

体を使うから体力がつく、頭を使うから頭脳が発達する。お金を使うから経営者としての力が養われ、経済力が身に付くのである。

後生大事にお金をしまい込んでいたのでは、何も生まれてこない。絵の具がもったいないからと言ってデッサンだけしている画家がいたら彼はもう画家ではない、画家にとって絵の具が必需品であるようにお金は絶対の必要品であ。しかしそれは、使うということを前提にしてのことである。人間のためにお金があるのであって、お金のために人間があるのではない。言うまでのことでもないが、やたらめったら絵の具を塗りたくったところで名作が出来るわけでもない、しかしそれでも何もしないよりましである。

我々の先輩県議会議員は(国会議員にも言えるが)地元の名士が多かった、よってもってお金を使っていた記憶がある、それも生きたお金をそしてこれから生きるであろう使い方をしていた、さてさて最近の議員はどうであろう、生活に追われてのことか、はたまた親の教育なのか、生い立ちなのか生きたお金すら使おうとしない、いや私が生きるであろうと勝手に思っていて彼らはその真逆と思っているのかもしれない。

山梨県の予算は約五千億円マキャベリズムではなく、そのお金を効率よくそして生きた使い方するべきである、ただあるべき姿や理想のみでは県民し幸せづくりにはつながらないのである。

 

しらかべけんいち(白壁賢一)後援会「白友会」のご案内

ぜひ、ご意見をお聞かせ下さい

みなさん、こんにちは! 山梨県議会議員の白壁賢一(しらかべけんいち)です。当サイトでは、県議会議員・白壁賢一の活動情報や、わたし自身の生の声、また保守系会派「県民クラブ」の紹介などを通して、少しでもお役に立てるようお伝えしていきます。
YouTube版白壁ニュース 議会での模様や気になった日常のヒトコマを記録します。
山梨県政Q&A
あなたのご意見を山梨県議会へ! 政策ボランティア大募集!

もっと知りたくなったらぜひ後援会へ

白壁賢一後援会「白友会」のご案内です
白壁賢一(しらかべ けんいち)後援会「白友会」のご紹介です。わたしと一緒に山梨のもっともっと!を実現しませんか?

サイト内の最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック