1.最新情報2.議会報告

議長辞職に対する記者会見。

9月12日議長辞職に関する記者会見を行いました、カメラが何台も入り新聞各社も勢ぞろいでの物々しい会見です。20分程の私の説明に続き数名の記者からの質問でしたが皆さんだいたい同じような質問「なぜこんなに早くやめるのか」「次も最大会派がとるのか」等々、くだらない質問ばかりもっと建設的な質問はないものかと思ったのは私ばかりではないと思います。議長の任期は地方自治法で4年以内と定められていますが都道府県議会で4年通して同じ議員が議長がを務めている議会は稀です、なぜかというと数万票から数十万票という大きなふたくに答える都道府県議会議員ですから優秀な方々が多く更にその発想も様々あり一人で通しで担うより色々な考え方や発想を取り込むことの方がよりベターである、との考え方にあると思います。私の考えも全く同じで1年・2年・3年・4年と、ろくなことをせずに議長が回ってきたからと言ってだらだら行うより期間を自身で決めて約束したことを完遂する、そして約束を果たしたら次の優秀な議長に道を譲り新たなビジョンとリーダーシップで議会をよい方向に導く、これこそ理想でしょう、ここ数年山梨県議会は立候補制とまでは言いませんがそれに類似した方法をとっています、議長選挙では立候補に際して「所信を各候補が述べる」こととしています、ですからその議長候補がどんなことを考え、何をしようとするのか一目瞭然であり、他の候補と比べることができ、その後場所を議場に移して投票となります、議長選びの多様性と申しますか前回の議長選では共産党の議員に2票入ったことや所信表明していない方に票が入ったことからもわかるように、選択の幅が以前に比べて増えたこと、また所信で候補が議員の皆様に公約として約束したことの責任は以前にもまして重要となってきます、と言っても歴代山梨県議会は議長公約などありませんでしたから、今の議会はある面「進歩した」ということでしょう。今回私はいくつかの公約とそれに付随することを所信表明時に提示させていただきそれを完遂させました、本来ですと6月くらいには終わらせ後進に道を譲ろうと考えていましたが私の力不足で9月までかかってしまいました、県民の皆様にお詫びしたい気持ちでいっぱいです、また選挙ですし公約を提示しての立候補ですから誰が選ばれるかわからないのが今の山梨県議会議長選挙です、先ほども申し上げましたが過去にはない前代未聞なことが起きていることからも次もどよようになるか見当がつきません、ただイデオロギーの違う方々やマスメディヤはすんなり行くと面白くなく県民の注意を引くことができなからいつものごとく騒ぎ立てる、まったくくだらない。ちなみに議長が早く交代しても財政的には何の損失もなく県財政には迷惑をかけていないことを追記しておきます。

IMG_9630
IMG_9630

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

このブログには、ログインしないとコメントできません。 To comment, please ログイン.

しらかべけんいち(白壁賢一)後援会「白友会」のご案内

ぜひ、ご意見をお聞かせ下さい

みなさん、こんにちは! 山梨県議会議員の白壁賢一(しらかべけんいち)です。当サイトでは、県議会議員・白壁賢一の活動情報や、わたし自身の生の声、また保守系会派「県民クラブ」の紹介などを通して、少しでもお役に立てるようお伝えしていきます。
YouTube版白壁ニュース 議会での模様や気になった日常のヒトコマを記録します。
山梨県政Q&A
あなたのご意見を山梨県議会へ! 政策ボランティア大募集!

もっと知りたくなったらぜひ後援会へ

白壁賢一後援会「白友会」のご案内です
白壁賢一(しらかべ けんいち)後援会「白友会」のご紹介です。わたしと一緒に山梨のもっともっと!を実現しませんか?

サイト内の最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック