1.最新情報

山梨県緑化祭りに参加しました。

平成30年5月12日今日は都留市において山梨県緑化祭りが開催されました。以下は発言趣意です、だいたいこんな感じのことを挨拶させていただきました。

ただいま紹介賜りました、県議会議長の白壁でございます。
「山梨県緑化推進機構」の会長として、一言ごあいさつをさせていただきます。
あらたふと 青葉若葉の 日の光 都留市に縁のある芭蕉の句であります。...
芭蕉は江戸の大火で焼け出された後この谷村の宿に約半年間滞在し多くの俳句を残し今でも相当数の句碑が市内に在ります。
文化と歴史の街都留市において県内各地から多くの皆様方をお迎えし、平成30年度県民緑化まつりが、このように盛大に開催出来ますことに、心より感謝申し上げます。
また、ご参加の皆様には、日頃から緑化運動の推進につきまして、ご理解とご協力をいただいておりますことに、厚くお礼申し上げます。
本日ご参加の皆様方にとりましては言わずもがななことではありますが、森林は国土の保全、水源のかん養、木材の生産などの様々な機能を有する、人類共有のかけがえのない財産であり、さらに地球温暖化防止、生物多様性の保全などとともに、青少年の環境教育や心身の健康づくりの場としての活用も期待されているところです。
このような多面的な働きを有する、貴重な森林は、今後とも、間伐を始めとする森林整備を着実に進めるとともに、森林から生産される木材を積極的に活用し、伐(き)って、植えて、育てるという、森林の本来あるべき姿のサイクルを回し、次世代に健全な形で、引き継いで行かなければなりません。
手前みそのことでありますが、平成25年伊勢神宮にお参りに行った際、ちょうど式年遷宮のみやどころを改める現場を見る機会を得ました。
この改築工事の歴史は古く約1300年前から連綿と続く事業であり20年に一度宮どころを改め神殿に向かって左右の建物を交互に改築する事業であります。
使うヒノキは1万本、その樹齢は200年から300年、まさに植えて・育てて・伐って・使うという森林のサイクルであり神代の時代から続く「木の文化」「大和民族の伝統」そのものであります。
今日は地元の緑の少年・少女隊の皆さんも参加されておりますが未来を託す若い皆さんに森林育成の重要性を解って頂くことも勿論ですが西洋の石の文化にはない木の文化・歴史を認識いただくことも期待したいと思います。
終わりに今年も多くの方々から貴重な浄財を寄贈いただきました、この場をお借りして感謝申し上げますとともに本日のような催しを通じて最大限有効に活用させて頂いておりますことをご報告申し上げ、ご挨拶とさせて頂きます、本日は大変ご苦労様に存じます。

IMG_4744
IMG_4744
IMG_4744
IMG_4744

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

このブログには、ログインしないとコメントできません。 To comment, please ログイン.

しらかべけんいち(白壁賢一)後援会「白友会」のご案内

ぜひ、ご意見をお聞かせ下さい

みなさん、こんにちは! 山梨県議会議員の白壁賢一(しらかべけんいち)です。当サイトでは、県議会議員・白壁賢一の活動情報や、わたし自身の生の声、また保守系会派「県民クラブ」の紹介などを通して、少しでもお役に立てるようお伝えしていきます。
YouTube版白壁ニュース 議会での模様や気になった日常のヒトコマを記録します。
山梨県政Q&A
あなたのご意見を山梨県議会へ! 政策ボランティア大募集!

もっと知りたくなったらぜひ後援会へ

白壁賢一後援会「白友会」のご案内です
白壁賢一(しらかべ けんいち)後援会「白友会」のご紹介です。わたしと一緒に山梨のもっともっと!を実現しませんか?

サイト内の最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック